ロゼッタストーン コミュニケーションをテーマにした総合出版社 サイトマップ ロゼッタストーンとは
ロゼッタストーンWEB連載
出版物の案内
会社案内

バックナンバー

第104回 紅闘志也がキック世界チャンプに!
第103回 残金663円だが生きてる感じを十分味わっているぞ
第102回 図々しいにもほどがある!?
第101回 ハレルヤ3冊目の本を出版!?
第100回 「劇団ハレルヤ」旗揚げ公演
第99回  電話が完全に止まりました。どうもすみません!
第98回  未納未納で、督促状のオンパレード
第97回  360度のフラット舞台公演!?
第96回  四十の手習い
第95回  忘年会
第94回  「劇団ハレルヤ」が誕生!
第93回  涙はいつでもバラ色に変えることができるのさ。
第92回  平成19年2月28日生活保護休止
第91回  めざせ!再就職
第90回  2006年10月11日。これでいいのか!
第89回  「身体障害者」なのに身体障害者でない私
第88回  キックボクシングジムレストラン「オーエンジャイ」でのパフォーマンス
第87回  吉祥寺ロッテリアのカウンタレディの方は素晴らしい
第86回  今月いっぱいで寮を出れるのだろうか
第85回  新しい仕事 新しい住家
第84回  「晴留屋さん、なかなか思ったようには、なかなかどうして……ですね」
第83回  969冊購入してくださったみなさまへのお礼
第82回  これからの借金返済計画
第81回  韓国映画『拳が泣く』
第80回  約束したはずの原稿
第79回  日本映画学校の大作「拳の雨が止んだ後」ー後編ー
第78回  日本映画学校の大作「拳の雨が止んだ後」ー前編ー
第77回  幻の復活ー2005年1月30日の日記ー
第76回  携帯電話が壊れた話
第75回  ゴールデンウィークの思い出
第74回  私の原稿用封筒
第73回  「晴留屋さんが僕達の仲人です」
第72回  覚えが悪すぎるぞ
第71回  顔を14針縫う
第70回  パスポートがない。どこにあるんだ!
第69回  今、私に考えられる「一発大逆転」とは
第68回  ホームレスになるもんか
第67回  激しい雨のようすを電話ボックスの中で見守りながら雨宿り
第66回  トロイカ
第65回  良転したこと、悪転したこと
第64回  今日は誰とも連絡がとれない
第63回  マクドナルド上野店に午前0時から入店
第62回  「隠れ家」だと私だけが思っていた
第61回  献金
第60回  聖書を読む。マタイ福音書「5の29・30」
第59回  私の新しい部屋
第58回  「教会で祈る」
第57回  自分勝手に住む
第56回  「乳がんのおそれあり」&「講習会30万円」
第55回  新たな再々々就職
第54回  第一関門突破!ー平成16年6月12日(土)の面接ー
第53回  再就職ができない
第52回  小さなお兄ちゃんの中間テスト。鬼の家庭教師・晴留屋明見参!
第51回  久しぶりの家族との再会
第50回  ついにホームレス
第49回  韓国出張
第48回  左目が見えない(後編)
第47回  左目が見えない(前編)
第46回  格闘Kマガジンの取材
第45回  文集に生まれて初めて載った話
第44回  私とアンディーラウと映画収録
第43回  電気工事のアルバイト。突然の電話
第42回  娘の結婚、出産、そして離婚
第41回  2003年12月31日から2004年1月1日になる時の思い
第40回  普通運転免許失効
第39回  自宅に電話をかけたが止まっている
第38回  韓国で『殴られ屋』を出版!?
第37回  建設会社を突然の決断で退社
第36回  殴られ屋と選挙
第35回  家族そろって青森へ帰りたい
第34回  暴走族はお客様
第33回  KBS韓国放送が私に?
第32回  妹からの突然の電話
第31回  カバンの中身
第30回  「身長146cm・体重30kg」の息子へ
第29回  花粉症の話
第28回  花見の思い出
第27回  私に魔法が使えたら
第26回  1000円のお年玉とピカソの部屋
第25回  力の源になっている手紙
第24回  ドカンとなるか、一発大逆転!
第23回  幻冬舎と角川文庫の文庫取り大合戦
第22回  殴られ屋の親友たちと、気まぐれな私
第21回  始めてわかる初めての試み
第20回  岐路に立ちすくむ暇などありはしないはずなのに!
第19回  殴られ屋の失恋
第18回  殴られ屋の趣味
第17回  韓国語海賊版『殴られ屋』がベストセラー
第16回  新「殴られ屋」登場
第15回  殴られ屋は昼間、何をしているのか?
第14回  私の両親
第13回  なぜボクサーをめざしたのか?
第12回  「妻との約束」
第11回  新宿殴られ屋広場ことヤングスポット公園にての殴られ屋パフォーマンスは、
      ついに終演の時がやってきた

第10回  殴られ屋が泣いた時
第9回  会社の社長だった頃
第8回  忘れられない対戦
第7回  殴られ屋の恩人
第6回  「我が子供よ」<長男編>
第5回  「我が子供よ」<次女編>
第4回  「我が子供よ」<長女編>
第3回  愛するあなたへ――殴られ屋の妻に捧げる――
第2回  一人で暮らす、洗濯親父
第1回  とんでもないお馬鹿さんだった子供時代
上に戻る▲
Copyright(c) ROSETTASTONE.All Rights Reserved.