WEB連載

出版物の案内

会社案内

凶刃 ( きょうじん )ああ、我が子・真木人は精神障害者に刺し殺された!!

凶刃−ああ、我が子・真木人は精神障害者に刺し殺された!! 矢野啓司・千恵 著
ISBNコード:ISBN4-947767-04-9
判型/頁:四六版 224ページ 並製
発売日:2006年2月24日

凶刃(きょうじん)
─ああ、我が子・真木人は精神障害者に刺し殺された!! 定価:1,296円(税込)
在庫:
数量:

⇒本書の内容  ⇒目次


・『凶刃』著者が、犯人と犯人が入院していた病院の情報を求めています。詳しくはこちら
・日本全国どこへでも著者が講演に出かけます。詳しくはこちら

本書の内容

昨年12月6日、矢野真木人(まきと)さん(28歳)は、見ず知らずの男に駐車場で刺し殺されました。加害者は精神科に入院中の患者で、社会復帰トレーニングのために一時外出中でした。一人で外出した後、わずか20分後の犯行でした。

最愛の息子を亡くした矢野さん夫婦のところへは、事件後2カ月たっても、病院からの説明も謝罪もなく、いまだに犯人の病名も病状も知らされていない状況が続いています。犯人は現在、精神鑑定中です。もし不起訴が決定すれば、加害者の情報を得る手段はなくなり、病院に対して責任追及をすることも難しくなります。

どんなに理不尽な犯行でも加害者だけが保護され被害者がおきざりになった現状、精神障害者というだけで安易に不起訴にする検察(「心神喪失者」による殺人は1年間に70〜100人。その8割以上が「不起訴」になっています)。精神障害者相手の訴訟をいやがる弁護士…。矢野さん夫婦は悲しみに耐えながら、できるかぎり冷静に、自分の体験を通じて感じた矛盾をまとめています。なんとか息子の死を無駄にしたくないという親の思いがひしひしと伝わってきます。

ご興味がある方は、ぜひ、お近くの書店でお買い求めください。
また、ホームページからも購入できます。


目次

はじめに


序章   真木人の死


第1章  怒りと悲しみの四十九日

——12月6日(犯行当日)から1月23日までの経過


第2章  彼には殺人する意志があった

病院には謝られてない!

誰に謝る?

刑法第39条の壁

病院の責任

加害者の家族も被害者


第3章  真木人のはやすぎた28年

父が見た真木人の人生 

世界一幸せな母親だったのに 

兄の時間は止まってしまった 


第4章  社会的正義を求めて

完全犯罪が可能ではないか!

弁護士選定の困難

え!正当防衛で殺されたって?

報道機関はなぜ病院長の顔を出さない?

精神障害者の行政に関わる方々に

警察の皆様へ

検察の皆様へ


第5章  精神障害者を巡る環境

精神障害者のノーマライゼーション

司法精神鑑定の疑問

精神科治療への危惧

改正してほしいこと

真木人の死を礎に


■参考  新聞報道から見るいわき病院の責任 


あとがき


011257
上に戻る