WEB連載

出版物の案内

会社案内

揺れ動く日本語~MOVIN'JAPANESE

著者プロフィールバックナンバー

第76回「盛り土(もりど)」(2)


前回からつづく
さらに話し言葉で速く何回も発音すると、「つ」[ts]「ち」[t∫]というように母音が無声化してしまう。さらに発音するスピードを速めると、「もりすし」のような音に近づき、録音時にヒス音が発生することもあり、聞くに堪えない。筆者は今までそう考えていた。

ここで、手許の辞書を引いてみる。

  • 新明解国語辞典第七版・・・「もりつち」(「もりど」は記載なし)
  • 三省堂国語辞典第五版・・・「もりつち」(土木関係では「もりど」)
    「もりど」・・・👉もりつち
 

・・・となっている。
ここで注目すべきは後者の「土木関係では「もりど」」という記載である。つまり、一般的には「もりつち」だが、特定の集団では「もりど」だという説明である。業界用語であり、言語学的に言うと集団語である。

小池知事も本件を論ずる際、最初の内は「もりつち」と言っていたらしい*1が、土木部門も部内や外注先との会話で「もりど」に変わっていったのに違いない。どうして関係者同士で「もりつち」と言わないのかというと、使う頻度が多いからであろう。何回も発音するには「もりど」の方がラクだからである。。。。という前述の論理が裏付けられるのである。

いずれにしても、「もりど」という読み方は定着してしまった。辞書での記載は現状では「もりつち」を規範としているが、発行している各社は「もりど」を基本とするか、あくまでも言葉の成り立ちを重視して、

  1. もりつち
  2. もりど(現状ではこちら主流)

という記載にするかの選択が迫られるであろう。(この稿終わり)

*1 ロゼッタストーンの弘中百合子氏による情報である。

photo
「つ(tsɯ)」と「ʨi(ち)」の違い

[参考文献]
鹿島央(あたる)(2002)『日本語教育をめざすひとのための~基礎から学ぶ音声学』スリーエーネットワーク
佐々木幹夫(2011)『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第2版』ヒューマンアカデミー
鎮守の森プロジェクトHP

2017.2.15 掲載

著者プロフィール
マーク秋山[MARK AKIYAMA] : 1975年、早稲田大学商学部卒業後、日本楽器製造株式会社(現ヤマハ)に入社。楽器用ソフトの企画制作、出版物編集、著作権・法務関連業務を歴任し、2010年定年退職。在職中からオールディーズ系のバンドで演奏活動を行い、エレキベースを弾く。小学校の壁新聞時代から一貫して、言葉、表記、レイアウトに大きな関心を持つ。2011~12年度は早稲田大学大学院に科目等履修生(日本語学受講)として在籍。
上に戻る