ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

ちの歌

    幼 年 時
私の上に降る雪は
真綿まわたのようでありました

    少 年 時
私の上に降る雪は
みぞれのようでありました

    十七ーー十九
私の上に降る雪は
あられのように散りました

    二十ーー二十二
私の上に降る雪は
ひょうであるかと思われた

    二十三
私の上に降る雪は
ひどい吹雪ふぶきとみえました

    二十四
私の上に降る雪は
いとしめやかになりました……

私の上に降る雪は
花びらのように降ってきます
たきぎの燃える音もして
こおるみ空のくろむ頃

私の上に降る雪は
いとなよびかになつかしく
手を差伸べて降りました

私の上に降る雪は
熱いひたいに落ちもくる
涙のようでありました

私の上に降る雪に
いとねんごろに感謝して、神様に
長生したいと祈りました

私の上に降る雪は
いと貞潔ていけつでありました

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想