ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

ちの歌

    幼 年 時
私の上に降る雪は
真綿まわたのようでありました

    少 年 時
私の上に降る雪は
みぞれのようでありました

    十七ーー十九
私の上に降る雪は
あられのように散りました

    二十ーー二十二
私の上に降る雪は
ひょうであるかと思われた

    二十三
私の上に降る雪は
ひどい吹雪ふぶきとみえました

    二十四
私の上に降る雪は
いとしめやかになりました……

私の上に降る雪は
花びらのように降ってきます
たきぎの燃える音もして
こおるみ空のくろむ頃

私の上に降る雪は
いとなよびかになつかしく
手を差伸べて降りました

私の上に降る雪は
熱いひたいに落ちもくる
涙のようでありました

私の上に降る雪に
いとねんごろに感謝して、神様に
長生したいと祈りました

私の上に降る雪は
いと貞潔ていけつでありました

『山羊の歌』より
くろ
青みがかって暗くなる。
なよびかに
しなやかで優美なさま。

朗 読

解 説

生ひ立ちの歌

「生ひ立ちの歌」は『山羊の歌』の「秋」の章に収録されている。1930年4月『痴群』第6号が初出である。

詩Ⅰは2行1連で、24歳までが6連で構成されている。「生ひ立ち」のそれぞれを雪の姿で表現しているのである。幼年時は「眞綿まわた」、少年時は「みぞれ」、十七~十九は「あられ」、二十~二十二は「ひょう」、二十三は「吹雪ふぶき」、そして二十四は「いとしめやかに」なるのである。詩人はこの時23歳だが数え年で書いている。

この間1923年3月山口中学を落第。4月京都の立命館中学に編入(数え年17歳)。1924年4月3歳年上の長谷川泰子と同棲(同18歳)。翌年3月泰子と共に上京。同じ年の11月泰子、小林秀雄の元へ去る(同19歳)。

1928年5月小林は泰子と別れ、奈良へ去る。この年中也は21歳(数え年22歳)である。この時から中也の再求愛の詩が始まる。吹雪を経て、「雪は花びらのように」なるのである。

※『白痴群』 中也が1929年に河上徹太郎、阿部六郎、安原喜弘、古谷綱武、大岡昇平らと創刊した同人誌。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想