ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

早春散歩そうしゅんさんぽ

 
空は晴れてても、建物にはかげがあるよ、
春、早春は心なびかせ、
それがまるで薄絹うすぎぬででもあるように
ハンケチででもあるように
我等の心を引千切ひきちぎ
きれぎれにして風に散らせる

私はもう、まるで過去がなかったかのように
少くとも通っている人達の手前そうであるかのごとくに感じ、
風の中を吹き過ぎる
異国人のような眼眸まなざしをして、
確固かっこたるものの如く、
また隙間風すきまかぜにも消え去るものの如く

そうしてこの淋しい心を抱いて、
今年もまた春を迎えるものであることを
ゆるやかにも、ここに春は立返ったのであることを
土の上の日射しをみながらつめたい風に吹かれながら
土手の上を歩きながら、遠くの空を見やりながら
僕は思う、思うことにもれきって僕は思う……

未発表詩篇より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想