ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

秋日狂乱しゅうじつきょうらん

僕にはもはや何もないのだ
僕は空手空拳くうしゅくうけん
おまけにそれをなげきもしない
僕はいよいよの無一物むいちもつ

それにしても今日は好いお天気で
さっきから沢山たくさんの飛行機が飛んでいる
――欧羅巴ヨーロッパは戦争を起すのか起さないのか
誰がそんなこと分るものか

今日はほんとに好いお天気で
空の青も涙にうるんでいる
ポプラがヒラヒラヒラヒラしていて
子供先刻せんこく昇天しょうてんした

もはや地上には日向ひなたぼっこをしている
月給取げっきゅうとり妻君さいくんとデーデー屋さん以外にいない
デーデー屋さんのたたつづみの音が
明るい廃墟はいきょただひとりで讃美さんびまわっている

ああ、誰か来て僕を助けて
ヂオゲネスの頃には小鳥くらいいたろうが
きょうびはすずめも啼いてはおらぬ
地上に落ちた物影でさえ、はや余りにあわい!

――さるにても田舎のお嬢さんは何処どこったか
その紫の押花おしばなはもうにじまないのか
草の上には陽は照らぬのか
昇天しょうてんの幻想だにもはやないのか?

僕は何をっているのか
如何いかなる錯乱さくらんかすめられているのか
蝶々ちょうちょうはどっちへとんでいったか
今は春でなくて、秋であったか

ではああ、いシロップでも飲もう
冷たくして、太いストローで飲もう
とろとろと、脇見わきみもしないで飲もう
何にも、何にも、求めまい!……

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想