ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

湖上

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けましょう。
波はヒタヒタ打つでしょう、
風も少しはあるでしょう。

沖に出たらば暗いでしょう、
かいから滴垂したたる水の音は
昵懇ちかしいものに聞こえましょう、
――あなたの言葉の杜切とぎれ間を。

月は聴き耳立てるでしょう、
すこしは降りても来るでしょう、
われら接唇くちづけする時に
月は頭上にあるでしょう。

あなたはなおも、語るでしょう、
よしないことや拗言すねごとや、
らさず私は聴くでしょう、
――けれどぐ手はやめないで。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けましょう、
波はヒタヒタ打つでしょう、
風も少しはあるでしょう。

『在りし日の歌』より
よしないこと
たわいもないこと。

朗 読

解 説

湖上

「湖上」は、1930年8月『桐の花』第13号が初出である。同じ月「スルヤ」の内海誓一郎の近く、代々木に転居した。

この年の12月、長谷川泰子が築地小劇場の演出家、山川幸世の子を産み、中也が名付け親になった。中也が泰子の妊娠を知ったのは「湖上」の書かれた6月半ばではなかったか。泰子をもう一度迎えるつもりだった中也の望みは消え失せてしまった。この詩には再求愛の切実さがない。

 「ポッカリ月が出ましたら、
  舟を浮べて出掛けませう
  浪はヒタヒタ打つでせう、
  風も少しはあるでせう。」

引用したのは第1連目の4行だが、最後の5連目も同じ詩句4行である。 この詩の全ての連は歌として語られている。

 「われら接唇する時に
  月は頭上にあるでせう。」

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想