ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

血を吐くような ものうさ、たゆけさ
今日の日も畑に陽は照り、麦に陽は照り
ねむるがような悲しさに、み空をとおく
血を吐くような倦うさ、たゆけさ

空は燃え、畑はつづき
雲浮び、まぶしく光り
今日の日も陽はゆる、地はねむ
血を吐くようなせつなさに。
嵐のような心の歴史は
終焉おわってしまったもののように
そこからたぐれる一つのいとぐちもないもののように
燃ゆる日の彼方かなたに睡る。

私は残る、亡骸なきがらとして――
血を吐くようなせつなさかなしさ。

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想