ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

残暑

畳の上に、寝ころぼう、
はえはブンブン うなってる
畳ももはや 黄色くなったと
今朝けさがた 誰かがっていたっけ

それやこれやと とりとめもなく
僕の頭に 記憶は浮かび
浮かぶがままに 浮かべているうち
いつしか 僕は眠っていたのだ

覚めたのは 夕方ちかく
まだかなかな、、、、は いてたけれど
樹々のこずえは を受けてたけど、
僕は庭木に 打水うちみずやった

    打水が、樹々の下枝しずえの葉のさき
    光っているのをいつまでも、僕は見ていた

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想