ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

残暑

畳の上に、寝ころぼう、
はえはブンブン うなってる
畳ももはや 黄色くなったと
今朝けさがた 誰かがっていたっけ

それやこれやと とりとめもなく
僕の頭に 記憶は浮かび
浮かぶがままに 浮かべているうち
いつしか 僕は眠っていたのだ

覚めたのは 夕方ちかく
まだかなかな、、、、は いてたけれど
樹々のこずえは を受けてたけど、
僕は庭木に 打水うちみずやった

    打水が、樹々の下枝しずえの葉のさき
    光っているのをいつまでも、僕は見ていた

『在りし日の歌』より

朗 読

解 説

殘暑

「殘暑」は、1936年『婦人公論』9月号に発表された。

 「疊の上に 寝ころばう、
  蠅はブンブン 唸ってる」
 
と始まるこの詩で詩人はいつしか眠ってしまう。目覚めたのは夕方近くでまだかなかなは鳴いていて、木々の梢は陽を受けていた。そこで詩人は、庭木に打ち水をやるのである。

「打水が、樹々の下枝しづえの葉のさき
 光ってゐるのをいつまでも、僕は見てゐた」

中也はありふれた光景を実に克明に描き出す。
例えば「早春散歩」の次の2行もそうである。

「土の上の日射しをみながらつめたい風に吹かれながら 
土手の上を歩きながら、遠くの空を見やりながら」

これが中也の詩の核心である。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想