ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

妹よ

夜、うつくしい魂はいて、
   ――かの女こそ正当あたりきなのに――
夜、うつくしい魂は涕いて、
   もう死んだっていいよう……というのであった。

湿った野原の黒い土、短い草の上を
   夜風は吹いて、 
死んだっていいよう、死んだっていいよう、と、
   うつくしい魂は涕くのであった。

夜、み空はたかく、吹く風はこまやかに
   ――祈るよりほか、わたくしに、すべはなかった……

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想