ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

春宵感懐しゅんしょうかんかい

雨が、あがって、風が吹く。
 雲が、流れる、月かくす。
みなさん、今夜は、春のよい
 なまあったかい、風が吹く。

なんだか、深い、溜息ためいきが、
 なんだかはるかな、幻想が、
くけど、それは、つかめない。
 誰にも、それは、語れない。

誰にも、それは、語れない
 ことだけれども、それこそが、
いのちだろうじゃないですか、
 けれども、それは、かせない……

かくて、人間、ひとりびとり、
 こころで感じて、顔見合せれば
にっこり笑うというほどの
 ことして、一生、過ぎるんですねえ

雨が、あがって、風が吹く。
 雲が、流れる、月かくす。
みなさん、今夜は、春の宵。
 なまあったかい、風が吹く。

『在りし日の歌』より

朗 読

解 説

春宵感懐

「春宵感懐」は、1936年『文学界』7月号に発表された。

「雨が、あがって、風が吹く。
 雲が、流れる、月かくす。
 みなさん、今夜は、春の宵。
 なまあつたかい、風が吹く。」

これはこの詩の最初の4行だが、もう一度この詩の最後にも現われる。この「春の宵」が隠しているのが「幻想」である。けれども「誰にも、それは、語れない」のだ。それこそが命だと中也は言うのである。「けれども、それは、かせない……」と。

「かくて、人間、ひとりびとり、
  こころで感じて、顔見合せれば
 にっこり笑ふといふほどの
  ことして、一生、過ぎるんですねえ」

というのは、中也の感想である。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想