ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

無題

I

こい人よ、おまえがやさしくしてくれるのに、
私は強情だ。ゆうべもおまえと別れてのち、
酒をのみ、弱い人に毒づいた。今朝
目が覚めて、おまえのやさしさを思い出しながら
私は私のけがらわしさを歎いている。そして
正体もなく、今ここに告白をする、恥もなく、
品位もなく、かといって正直さもなく
私は私の幻想にられて、狂いまわる。
人の気持をみようとするようなことはついになく、
こい人よ、おまえがやさしくしてくれるのに
私はかたくなで、子供のように我儘わがままだった!
目が覚めて、宿酔ふつかよいいとうべき頭の中で、
戸の外の、寒い朝らしい気配を感じながら
私はおまえのやさしさを思い、また毒づいた人を思い出す。
そしてもう、私はなんのことだか分らなく悲しく、
今朝はもはや私がくだらない奴だと、みずから信ずる!

II

彼女の心はすぐい!
彼女は荒々しく育ち、
たよりもなく、心をんでも
もらえない、乱雑な中に
生きてきたが、彼女の心は
私のより真っ直いそしてぐらつかない。

彼女は美しい。わいだめもない世のうずの中に
彼女はかしこくつつましく生きている。
あまりにわいだめもない世の渦のために、
おりに心が弱り、弱々しくさわぎはするが、
しかもなお、最後の品位をなくしはしない
彼女は美しい、そして賢い!

かつて彼女の魂が、どんなにやさしい心をもとめていたかは!
しかしいまではもうあきらめてしまってさえいる。
我利々々がりがりで、幼稚ようちな、けものや子供にしか、
彼女は出遇であわなかった。おまけに彼女はそれとらずに、
ただ、人という人が、みんなやくざなんだと思っている。
そして少しはいじけている。彼女は可哀想かわいそうだ!

III

かくは悲しく生きん世に、なが心
かたくなにしてあらしめな。
われはわが、したしさにはあらんとねがえば
なが心、かたくなにしてあらしめな。

かたくなにしてあるときは、心にまなこ
魂に、言葉のはたらきあとを絶つ
なごやかにしてあらんとき、人みなはれしながらの
うまし夢、またそがことわり分ち得ん。

おのが心も魂も、忘れはてて去りて
悪酔わるよいの、狂い心地に美をもと
わが世のさまのかなしさや、

おのが心におのがじしきくるおもいもたずして、
人に勝らん心のみいそがわしき
熱を病む風景ばかりかなしきはなし。

IIII

私はおまえのことを思っているよ。
いとおしい、なごやかにんだ気持の中に、
昼も夜もひたっているよ、
まるで自分を罪人ででもあるように感じて。

私はおまえを愛しているよ、精一杯せいいっぱいだよ。
いろんなことが考えられもするが、考えられても
それはどうにもならないことだしするから、
私は身をててお前に尽そうと思うよ。

またそうすることのほかには、私にはもはや
希望も目的も見出せないのだから
そうすることは、私に幸福なんだ。

幸福なんだ、世のわずらいのすべてを忘れて、
いかなることとも知らないで、私は
おまえに尽せるんだから幸福だ!

V 幸福

幸福はうまやの中にいる
わらの上に。
幸福は
なごめる心には一挙いっきょにして分る。

  かたくなの心は、不幸でいらいらして、
  せめてめまぐるしいものや
  数々のものに心をまぎらす。
  そして益々ますます不幸だ。

幸福は、休んでいる
そして明らかになすべきことを
少しずつ持ち、
幸福は、理解に富んでいる。

  頑なの心は、理解に欠けて、
  なすべきをしらず、ただ利に走り、
  意気いき消沈しょうちんして、怒りやすく、
  人に嫌われて、自らも悲しい。

されば人よ、つねにまず従わんとせよ。
従いて、迎えられんとには非ず、
従うことのみ学びとなるべく、学びて
なんじが品格を高め、そが働きのゆたかとならんため!

『山羊の歌』より
わいだめ
けじめ。分別。区別。
かたくなにしてあらしめな
かたくなにしていてはいけないよ。
ことわり
物事の是非を判断すること。道理。
おのがじし
各自。めいめい。それぞれ。

朗 読

解 説

無題

「無題」は、1929年4月『白痴群』創刊号が初出である。この4月中旬、渋谷百軒店で飲食後、帰宅途中で民家の軒灯のガラスを割り、渋谷警察署の留置所に15日間拘留された。この経験が中也に警察を恐れさせた。
 
この詩はⅠからⅤまでの長編詩で、Ⅴだけに幸福というタイトルがついている。
「こひ人よ、おまへがやさしくしてくれるのに、私は強情だ。ゆふべもおまへと別れてのち、酒をのみ、弱い人に毒づいた。」そして「今朝はもはや私がくだらない奴だと、※みら信ずる!」でⅠは終わっている。

Ⅱは彼女が主人公で「彼女は美しい、そして賢い!」とたたえている。この詩の中心はⅤで「幸福は厩の中にゐる/藁の上に。」と始まり、「汝が品格を高め、そが働きの裕かとならんため!」と結ばれている。「厩」は「聖書」によっている。

※詩の中の「ら」は「みずから」と読む指示。「おのずから」と読む場合には「ら」と表記されている。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想