ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

昏 睡こんすい

亡びてしまったのは
僕の心であったろうか
亡びてしまったのは
僕の夢であったろうか

記憶というものが
もうまるでない
往来おうらいを歩きながら
めまいがするよう

何ももう要求がないということは
もう生きていては悪いということのような気もする
それかとって生きていたくはある
それかと云ってに死にたくなんぞはない

ああそれにしても、
諸君は何とか云ってたものだ
僕はボンヤリ思い出す
諸君は実に何かかか云っていたっけ

(一九三四・四・二二)
未発表詩篇より
却に
誤植だと思われる。「早却」(急なこと。さっそく)という意味では「すぐに」と読めなくもないので、朗読では仮に「すぐに」と読んでいる。「かえって」「却々こうこう」(永遠に。サーカス語注参照)「別に」などの説もあり、読み方は確定していない。
何かかか
あれやこれや。なんだかんだ。

朗 読

解 説

昏睡

「昏睡」は、未刊詩篇で、制作は1934年4月22日である。この年『紀元』『半仙戯』『四季』『鷭』『日本歌人』に多数詩を発表した。

 「亡びてしまったのは
  僕の心であったろうか
  亡びてしまったのは
  僕の夢であつたろうか」 

4行4連のこの詩の最初の1連目である。中也は結婚して4カ月目で、妻は妊娠し、しかも眼を患っていた。中也は妻の手を引いて毎日病院通いをしていた。母の仕送りで生活は安定し、前年刊行した『ランボウ詩集学校時代の詩』で中也の詩人としての存在が知られるようになった。しかし中也は前年の結婚を自身の喪の儀式だったと感じていたのではないか。

詩人は明確な事を云っている訳ではない。「ああ、それにしても、/諸君は何とか云ってたものだ」と。

ご感想

曇り、のち、曇りさん 2018/02/05 7:40:14

人間において、死は、生命の終わりではなく、欲望の枯渇である。昏睡は、肉体は死んでいない。が、精神が、思考が、死んでいるのだと思う。深い眠りから覚めた時、自分が何を為すのか、何も為さないのかは分からない。今はただ、眠っていたい。構わないでくれ。そういう声が聞こえる気がした。

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想