ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

言葉なき歌

あれはとおいいところにあるのだけれど
おれは此処ここで待っていなくてはならない
此処は空気もかすかであお
ねぎの根のようにほのかにあわ

決して急いではならない
此処で十分待っていなければならない
処女むすめのようにはるかを見遣みやってはならない
たしかに此処で待っていればよい

それにしてもあれはとおいい彼方かなたで夕陽にけぶっていた
号笛フィトルのように太くて繊弱せんじゃくだった
けれどもその方へけ出してはならない
たしかに此処で待っていなければならない

そうすればそのうちあえぎも平静にふく
たしかにあすこまでゆけるに違いない
しかしあれは煙突の煙のように
とおくとおく いつまでもあかねの空にたなびいていた

『在りし日の歌』より

朗 読

解 説

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想