ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

六月の雨

またひとしきり 午前の雨が
菖蒲しょうぶのいろの みどりいろ
まなこうるめる 面長おもながひと
たちあらわれて 消えてゆく

たちあらわれて 消えゆけば
うれいに沈み しとしとと
はたけの上に 落ちている
はてしもしれず 落ちている

       お太鼓たいこたたいて 笛吹いて
       あどけない子が 日曜日
       畳の上で 遊びます

       お太鼓叩いて 笛吹いて
       遊んでいれば 雨が降る
       櫺子れんじの外に 雨が降る

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想