ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

汚れっちまった悲しみに……

汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

汚れっちまった悲しみは
たとえばきつね革裘かわごろも
汚れっちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

汚れっちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく
汚れっちまった悲しみは
倦怠けだいのうちに死をゆめ

汚れっちまった悲しみに
いたいたしくも怖気おじけづき
汚れっちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

『山羊の歌』より
倦怠けだい
なまけ、おこたること。

朗 読

解 説

汚れつちまつた悲しみに……

「汚れつちまつた悲しみに……」は1930年4月『白痴群』第6号に発表された。『白痴群』は6号をもって廃刊。5月、「ルヤ」第5回発表会で「歸鄕」「失せし希望」(内海誓一郎作曲)「老いたる者をして」(諸井三郎作曲)が歌われる。

「汚れつちまつた悲しみに……」は4行4連の変型ソネットで、1連毎に「汚れつちまつた悲しみに」と「汚れつちまつた悲しみは」が2度ずつ表われる。つまりこの詩は「汚れつちまつた悲しみ」のリフレインによって成り立っている。

「今日も小雪の降りかかる」「小雪のかかつてちぢこまる」と冬の季節を表しているが、悲しみが汚れてしまったという表現が白い雪の映像とうまく重なる。

「汚れつちまつた悲しみ」というリフレインでこの詩は始まり、この詩は終わるのである。

※スルヤ 1927年、諸井三郎、河上徹太郎、内海誓一郎ら7人の作曲家、演奏家、評論家によって結成された前衛的音楽集団。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想