ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

帰郷

柱も庭も乾いている
今日は好い天気だ
      縁の下では蜘蛛くもの巣が
      心細そうに揺れている

山では枯木も息を吐く
ああ今日は好い天気だ
      路傍ろばたの草影が
      あどけないかなしみをする

これが私の故里ふるさと
さやかに風も吹いている
     心置こころおきなく泣かれよと
     年増婦としまの低い声もする

ああ おまえはなにをして来たのだと……
吹き来る風が私に

『山羊の歌』より

朗 読

解 説

帰郷

「帰郷」は1930年5月『スルヤ』第4輯に発表された。「帰郷」は5月内海誓一郎の作曲で第5回『スルヤ』発表会で歌われた。詩碑は中也の生地湯田の高田公園にある。文字は小林秀雄によるものである。

「山では枯木も息を吐く」と始まる2連目に続いて

「これが私の故里ふるさと
  さやかに風も吹いている
      心置なく泣かれよと
      年増婦としまの低い声もする」

という3連目の4行がこの詩の中心である。

当初は4行4連の16行だったが、第3連の次にあった「庁舎がなんだか素々しらじらとして見える、/それから何もかもがゆっくり私に見入る。」の2行を、内海の意見を入れて中也は省いた。

「ああ おまえはなにをして来たのだと……
  吹き来る風が私に云う」

これが詩人が帰郷した時、故里ふるさとの風が語りかける言葉であろう。

ご感想

余裕タイムさん 2017/12/17 0:51:49

「あゝ おまへは なにをして来たのだと……吹き来る風が私に云ふ」。中也は、山口から京都、東京、鎌倉へ転居。故郷を離れていることでわかる故郷の懐かしさ。あたたかさ。その雰囲気が感じられる詩です。私も主人の定年まで千葉で過ごしましたので、その間にいろんなことにチャレンジしようといつも前向きな気持ちでした。

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想