ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

帰郷

柱も庭も乾いている
今日は好い天気だ
      縁の下では蜘蛛くもの巣が
      心細そうに揺れている

山では枯木も息を吐く
ああ今日は好い天気だ
      路傍ろばたの草影が
      あどけないかなしみをする

これが私の故里ふるさと
さやかに風も吹いている
     心置こころおきなく泣かれよと
     年増婦としまの低い声もする

ああ おまえはなにをして来たのだと……
吹き来る風が私に

『山羊の歌』より

朗 読

解 説

歸鄕

「歸鄕」は1930年5月『スルヤ』第4輯に発表された。「歸鄕」は5月内海誓一郎の作曲で第5回『スルヤ』発表会で歌われた。詩碑は中也の生地湯田の高田公園にある。文字は小林秀雄によるものである。

「山では枯木も息を吐く」と始まる2連目に続いて

「これが私の故里ふるさと
  さやかに風も吹いてゐる
      心置なく泣かれよと
      年增婦の低い聲もする」

という3連目の4行がこの詩の中心である。

当初は4行4連の16行だったが、第3連の次にあった「庁舎がなんだか素々しらじらとして見える、/それから何もかもがゆっくり私に見入る。」の2行を、内海の意見を入れて中也は省いた。

「あゝ おまへはなにをして來たのだと…
  吹き來る風が私に云ふ」

これが詩人が帰郷した時、故里ふるさとの風が語りかける言葉であろう。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想