ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

北の海

海にいるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にいるのは、
あれは、なみばかり。

曇った北海の空の下、
浪はところどころ歯をむいて、
空をのろっているのです。
いつはてるとも知れないのろい

海にいるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にいるのは、
あれは、浪ばかり。

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想