ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

北の海

海にいるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にいるのは、
あれは、なみばかり。

曇った北海の空の下、
浪はところどころ歯をむいて、
空をのろっているのです。
いつはてるとも知れないのろい

海にいるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にいるのは、
あれは、浪ばかり。

『在りし日の歌』より

朗 読

解 説

北の海

「北の海」は、1935年『歴程』創刊号(5月1日発行)に発表された。

この頃中也は多作な時期に入っていて、同じ号の『歴程』に「寒い!」を、『文学界』には「朝鮮女」を発表している。
 
 「曇った北海の空の下、
  浪はところどころ齒をむいて、
  空を呪つてゐるのです。
  いつはてるとも知れない呪。」

この暗澹たる「北の海」の2連目を「海にゐるのは、/あれは人魚ではないのです」とはじまる童謡風の4行のリフレインがはさみ込んでいる。暗い呪詛の海の2連目は消えて、前後の「海にゐるのは、/あれは、浪ばかり」というリフレインだけが私達の耳に残るのだ。

郷里で文也と共にあった時の作品だ。この詩もまた文也への語りかけの調子を持っている。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想