ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

心象

I

松の木に風が吹き、
踏む砂利じゃりの音は寂しかった。
暖い風が私の額を洗い
思いははるかに、なつかしかった。

腰をおろすと、
なみの音がひときわ聞えた。
星はなく
空は暗い綿わただった。

とおりかかった小舟の中で
船頭がその女房に向って何かをった。
――その言葉は、聞きとれなかった。

浪の音がひときわきこえた。

II

亡びたる過去のすべてに
く。
城のへいかわきたり
風の吹く

なび
丘を越え、野をわた
いこいなき
白き天使のみえずや

あわれわれ死なんと欲す、
あわれわれ生きんと欲す
あわれわれ、亡びたる過去のすべてに

涙湧く。
み空の方より、
風の吹く

『山羊の歌』より

朗 読

解 説

心象

「心象」は1929年11月『白痴群』第4号に発表された。

 『白痴群』時代の中也の服装を詳しく伝えているのは安原喜弘である。
“その日彼は黒のルパシカに五尺に足らぬその体を包んで黒のお釜帽子をかぶり「スルヤ」の発表会の切符を持って私の前に現れた。”
この服装は、当時の彼の「制服」だったと安原は書いている。

 「松の木に風が吹き、
  踏む砂利の音は寂しかった
  暖い風が私の額を洗ひ
  思ひははるかに、なつかしかった。」

この詩で最も印象深いのは次の2行である。

 「あはれわれ死なんと欲す
  あはれわれ生きむと欲す」

死と生とはねじれた糸だ。生の欲求の過剰のただなかで、人は死を夢見ている。「魂の愉悦」から出発し、「生と歌」との一元化をのみ己れに課した中也の詩が、ときとして不吉な表情を見せるのはそのためだ。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想