ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

心象

I

松の木に風が吹き、
踏む砂利じゃりの音は寂しかった。
暖い風が私の額を洗い
思いははるかに、なつかしかった。

腰をおろすと、
なみの音がひときわ聞えた。
星はなく
空は暗い綿わただった。

とおりかかった小舟の中で
船頭がその女房に向って何かをった。
――その言葉は、聞きとれなかった。

浪の音がひときわきこえた。

II

亡びたる過去のすべてに
く。
城のへいかわきたり
風の吹く

なび
丘を越え、野をわた
いこいなき
白き天使のみえずや

あわれわれ死なんと欲す、
あわれわれ生きんと欲す
あわれわれ、亡びたる過去のすべてに

涙湧く。
み空の方より、
風の吹く

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想