ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

除夜じょやの鐘

除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
千万年も、古びたよるの空気をふるわし、
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。

それは寺院の森のきらった空……
そのあたりで鳴って、そしてそこから響いて来る。
それは寺院の森の霧った空……

その時子供は父母の膝下ひざもと蕎麦そばを食うべ、
その時銀座はいっぱいの人出、浅草もいっぱいの人出、
その時子供は父母の膝下で蕎麦を食うべ。

その時銀座はいっぱいの人出、浅草もいっぱいの人出。
その時囚人しゅうじんは、どんな心持こころもちだろう、どんな心持だろう、
その時銀座はいっぱいの人出、浅草もいっぱいの人出。

除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
千万年も、古びたよるの空気を顫はし、
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。

『在りし日の歌』より

朗 読

解 説

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想