ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

酒場にて

今晩ああして元気に語り合っている人々も、
実は、元気ではないのです。

近代いまという今はすくなくも、
あんな具合な元気さで
いられる時代ときではないのです。

諸君は僕を、「ほがらか」でないという。
しかし、そんな定規じょうぎみたいな「ほがらか」なんぞはおやめなさい。

ほがらかとは、恐らくは、
悲しい時には悲しいだけ
悲しんでられることでしょう?

されば今晩かなしげに、こうして沈んでいる僕が、
輝き出でる時もある。

さて、輝き出でるや、諸君は云います、
「あれでああなのかねえ、
不思議みたいなもんだねえ」。

が、冗談じゃない、
僕は僕が輝けるように生きていた。

(一九三六・一〇・一)
未発表詩篇より

朗 読

解 説

酒場にて

「酒場にて」は1936年10月1日の制作である。この頃中也は親戚の中原岩三郎の斡旋で、日本放送協会の面接を受けたが、中也には入社の意志はなかった。11月10日、長男文也が死去する。死因は小児結核であった。その1カ月程前の作品である。

この詩は、4日後に書かれた評論「詩と現代」と発想上繋がっている。この文章の最後に、中也は「自己以外のものと争ふことは修辞を作り、自己と争ふことは詩を作る」というイエーツの1行を引いている。

「酒場にて」の最後の1句もまたこれに重なるのだ。「が、冗談ぢゃない、僕は僕が輝けるやうに生きてゐた。」と。
 

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想