ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

曇天どんてん

  ある朝 僕は 空の 中に、
黒い 旗が はためくを 見た。
  はたはた それは はためいて いたが、
音は きこえぬ 高きが ゆえに。

  手繰たぐり 下ろさうと 僕は したが、 
綱も なければ それも かなわず、
  旗は はたはた はためく ばかり、
空の 奥処おくがに 舞い入る ごとく。

  かかる あしたを 少年の 日も、
屡々しばしば 見たりと 僕は おもう。
  かの時は そを 野原の 上に、
今はた 都会の いらかの 上に。

  かの時 この時 時は へだつれ、
此処ここと 彼処かしこと 所は ことなれ、
  はたはた はたはた み空に ひとり、
いまも かわらぬ かの 黒旗よ。

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想