ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

冬の長門峡ちょうもんきょう

長門峡に、水は流れてありにけり。
寒い寒い日なりき。

われは料亭にありぬ。
みてありぬ。

われのほか別に、
客とてもなかりけり。

水は、あたかも魂あるもののごとく、
流れ流れてありにけり。

やがても密柑みかんの如き夕陽、
欄干らんかんにこぼれたり。

ああ! ――そのような時もありき、
寒い寒い 日なりき。

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想