ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

冷たい夜

冬の夜に
私の心が悲しんでいる
悲しんでいる、わけもなく……
心はびて、紫色をしている。

丈夫じょうぶな扉の向うに、
古い日は放心ほうしんしている。
丘の上では
わたの実が罅裂はじける。

此処ここではたきぎくすぶっている、
その煙は、自分自らを
知ってでもいるようにのぼる。

さそわれるでもなく
もとめるでもなく、
私の心がくすぶる……

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想