ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

サーカス

いく時代かがありまして
   茶色い戦争ありました

幾時代かがありまして
   冬は疾風しっぷう吹きました

幾時代かがありまして
   今夜此処ここでの殷盛さか
      今夜此処での一と殷盛り

サーカス小屋は高いはり
   そこに一つのブランコだ
見えるともないブランコだ

さかさに手をれて
   汚れ木綿の屋蓋やねのもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い灯が
   安値やすいリボンと息を吐き

観客様はみないわし
   咽喉のんどが鳴ります牡蠣殻かきがら
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

       屋外やがいくら くらくら
       夜は劫々こうこうと更けまする
       落下傘奴らっかがさめのノスタルヂアと
       ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想