ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

道化どうけうた

月の光のそのことを、
盲目少女めくらむすめに教えたは、
ベートーべンか、シューバート?
俺の記憶の錯覚が、
今夜とちれているけれど、
ベトちゃんだとは思うけど、
シュバちゃんではなかったろうか?

霧の降ったる秋の夜に、
庭・石段に腰掛けて、
月の光を浴びながら、
二人、黙っていたけれど、
やがてピアノの部屋に入り、
泣かんばかりにき出した、
あれは、シュバちゃんではなかったろうか?

かすむ街の灯とおに見て、
ウィンのまちの郊外に、
星も降るよなその夜さ一と夜、
虫、草叢くさむらにすだく頃、
教師の息子の十三番目、
くびの短いあの男、
盲目少女めくらむすめの手をとるように、
ピアノの上に勢い込んだ、
汗の出そうなその額、
安物くさいその眼鏡めがね
丸い背中もいじらしく
き出すように弾いたのは、
あれは、シュバちゃんではなかったろうか?

シュバちゃんかベトちゃんか、
そんなこと、いざ知らね、
今宵こよい星降る東京のよる
ビールのコップを傾けて、
月の光を見てあれば、
ベトちゃんもシュバちゃんも、はやとおに死に、
はやとおに死んだことさえ、
誰知ろうことわりもない……

『在りし日の歌』より
とちれて
「あわてて、うろたえて、まごついて」などを意味する山口方言とされるが、いまの山口県ではあまり使われていない。

朗 読

解 説

お道化うた

「お道化うた」は、1936年3月『歴程』第2次創刊号に発表された。

 「月の光のそのことを、
 盲目少女めくらむすめに教へたは、
  ベートーヹンか、シューバート?」

と始まるこの詩は、ベートーベンと盲目の少女との出会いがピアノソナタ第13番「月光」を生んだという伝説によっている。

「かすむ街の灯とほに見て、
  ウヰンのまちの郊外に、
  星も降るよなその夜さ一と夜、」

と続いて舞台は東京の夜に移る。ビールのコップを傾けて。そして最後の3行で終わる。

中也の詩の中で「月の光」は死の光線として現われる。ここでも「ベトちゃんもシュバちゃんもはやとほに死に」と死を表わしている。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想