ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

僕が知る

僕には僕の狂気がある
僕の狂気はあおざめて硬くなる
かの馬の静脈などを想わせる

僕にも僕の狂気がある
それは張子はりこのように硬いがまた
張子のように破けはしない

それは不死身の弾力に
それはひょっとしたなら乾蚫ほしあわびであるかも知れない
それを小刀で削って薄っぺらにして
さて口に入れたって唾液だえきに反発するかも知れない

唾液には混らぬものを
あたかも唾液に混ざるような恰好かっこうをして
ぐっとみ込まなければならないのかも知れない
ぐっと嚥み込んで、さてそれがどんな不協和音をかなでるかは、僕が知る

(一九三五・一・九)
未発表詩篇より
張子
木型などに紙を重ねて貼り、のりが乾いてから型を抜き取ってつくったもの。あるいは、木や竹などで芯を組み、それに紙や布を貼ってつくったもの。

朗 読

解 説

僕が知る

1932年9月末頃から年の暮にかけて、中也の「魂の動乱」が始まった。当時親しかった安原喜弘は、1936年末から翌年春までの長男文也の死による幻聴、幻覚を伴った神経衰弱よりその折の「動乱」ははるかに激しかったと述べている。

それを救ったのは遠縁の上野孝子との結婚であった。弟思郎は中也の結婚は七不思議だという。中也は結婚に対して極めて素直だったらしい。

「僕には僕の狂氣がある」という1行で始まるこの詩は、この「動乱」の時期を思い起こしている。「幻想と被害妄想と強迫観念」……、酔うと荒れ、誰彼となく激しく衝突した。
『山羊の歌』本文の印刷がほぼ一段落した頃から、中也は精神の安定を崩していった。おそらく詩集の出版が思うにまかせなくなった事と関係が深いと思われる。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想