ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

僕が知る

僕には僕の狂気がある
僕の狂気はあおざめて硬くなる
かの馬の静脈などを想わせる

僕にも僕の狂気がある
それは張子はりこのように硬いがまた
張子のように破けはしない

それは不死身の弾力に
それはひょっとしたなら乾蚫ほしあわびであるかも知れない
それを小刀で削って薄っぺらにして
さて口に入れたって唾液だえきに反発するかも知れない

唾液には混らぬものを
あたかも唾液に混ざるような恰好かっこうをして
ぐっとみ込まなければならないのかも知れない
ぐっと嚥み込んで、さてそれがどんな不協和音をかなでるかは、僕が知る

(一九三五・一・九)
未発表詩篇より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想