ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

一つのメルヘン

秋の夜は、はるかの彼方かなたに、
小石ばかりの、河原があって、
それには、さらさらと
さらさらとしているのでありました。

陽といっても、まるで硅石けいせきか何かのようで、
非常な個体の粉末のようで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもいるのでした。

さて小石の上に、今しも一つのちょうがとまり、
淡い、それでいてくっきりとした
影を落としているのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄いままで流れてもいなかった川床かわどこに、水は
さらさらと、さらさらと流れているのでありました……

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想