ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

一つのメルヘン

秋の夜は、はるかの彼方かなたに、
小石ばかりの、河原があって、
それには、さらさらと
さらさらとしているのでありました。

陽といっても、まるで硅石けいせきか何かのようで、
非常な個体の粉末のようで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもいるのでした。

さて小石の上に、今しも一つのちょうがとまり、
淡い、それでいてくっきりとした
影を落としているのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄いままで流れてもいなかった川床かわどこに、水は
さらさらと、さらさらと流れているのでありました……

『在りし日の歌』より
硅石
二酸化ケイ素(SiO2)を主成分とする鉱石の総称。二酸化ケイ素が結晶したものが石英。特にきれいな結晶形を示すものが水晶。

 

朗 読

解 説

一つのメルヘン

「一つのメルヘン」は、1936年『文芸汎論』11月号に発表された。11月10日、長男文也が小児結核で死去した。

中也の「最も美しい遺品」と小林秀雄が呼んだ「一つのメルヘン」は、1936年9月頃の作である。1931年9月26日に19歳で死んだ弟恰三こうぞうを鎮魂した詩である。この詩に現われる光景が、私にはどうしても「岸清凉」という戒名の映像化のように思えてならない。なぜなら「秋の夜」なのに「陽がさらさらと射してゐる」からである。

この詩の舞台は中原家の墓がある経塚墓地のそばを流れる吉敷川だと言われている。この川は川床が砂地のため水が伏流することから水無川の異名がある。けれどもこの詩で流れる水は、やはり地上のものではない。

そこで思い浮かぶのは、宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』を読んだ後で作られたという事実である。

で、私は思うのだ。中也は自分の愛しい死者を鎮魂するために、もう一つの銀河を創出しようとしたのかもしれないと。

※恰三の戒名は「秋岸清凉居士」。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想