ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

みちこ

そなたの胸は海のよう
おおらかにこそうちあぐる。
はるかなる空、あおき浪、
涼しかぜさえ吹きそいて
松のこずえをわたりつつ
いそ白々とつづきけり。

またなが目にはかの空の
いやはてまでもうつしいて
ならびくるなみ、渚なみ、
いとすみやかにうつろいぬ。
みるとしもなく、ま片帆かたほ
沖ゆく舟にみとれたる。

またそのぬかのうつくしさ
ふと物音におどろきて
午睡ひるねの夢をさまされし
牡牛おうしのごとも、あどけなく
かろやかにまたしとやかに
もたげられ、さてうちしぬ。

しどけなき、なれがうなじは虹にして
ちからなき、嬰児みどりごごときかいなして
いとうたあわせはやきふし、なれの踊れば、
海原はなみだぐましききんにして夕陽をたたえ
おきは、いよとおく、かしこしずかにうるおえる
空になん、の息絶ゆるとわれはながめぬ。

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想