ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

寒い夜の自我像

きらびやかでもないけれど
この一本の手綱たづなをはなさず
この陰暗いんあんの地域を過ぎる!
その志明らかなれば
冬の夜を我は嘆かず
人々の憔懆しょうそうのみのかなしみや
あこがれに引廻ひきまわされる女等の鼻唄を
わが瑣細ささいなるばつと感じ
そが、わが皮膚を刺すにまかす。

蹌踉よろめくままにしずもりを保ち、
いささかは儀文ぎぶんめいた心地をもって
われはわが怠惰たいだいさめる
寒月かんげつの下をきながら。

陽気で、坦々たんたんとして、しかおのれを売らないことをと、
わが魂の願うことであった!

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想