ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

わが半生

私は随分ずいぶん苦労して来た。
それがどうした苦労であったか、
語ろうなぞとはつゆさえ思わぬ。
またその苦労がはたして価値の
あったものかなかったものか、
そんなことなぞ考えてもみぬ。

とにかく私は苦労して来た。
苦労して来たことであった!
そして、今、此処ここ、机の前の、
自分を見出すばっかりだ。 
じっと手を出しながめるほどの
ことしか私は出来ないのだ。

    そとでは今宵こよいの葉がそよぐ。
    はるかな気持の、春のよいだ。
    そして私は、静かに死ぬる、
    坐ったまんまで、死んでゆくのだ。

『在りし日の歌』より

朗 読

解 説

わが半生

「わが半生」の初出は1936年『四季』7月号である。その年の春中也は文也を連れて動物園に行っている。6月、『ランボオ詩抄』を山本書店より刊行した。

この詩は中也が自分の「死」を歌ったものだ。文也との親和力に満たされた生活の中で中也はなぜ「死」を歌ったのか。中也が「死」を歌うのは1934年4月の「骨」に始まっている。しかし「骨」には自身の骨を笑う魂の平安さとユーモアがあった。「私は隨分苦勞して來た。」と書き出されるこの詩では、中也は机の前に自分を見出すばかりだ。

 「そとでは今宵、木の葉がそよぐ。
  はるかな氣持の、春の宵だ。
  そして私は、靜かに死ぬる、
  座ったまんまで、死んでゆくのだ。」
 

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想