ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

わが半生

私は随分ずいぶん苦労して来た。
それがどうした苦労であったか、
語ろうなぞとはつゆさえ思わぬ。
またその苦労がはたして価値の
あったものかなかったものか、
そんなことなぞ考えてもみぬ。

とにかく私は苦労して来た。
苦労して来たことであった!
そして、今、此処ここ、机の前の、
自分を見出すばっかりだ。 
じっと手を出しながめるほどの
ことしか私は出来ないのだ。

    そとでは今宵こよいの葉がそよぐ。
    はるかな気持の、春のよいだ。
    そして私は、静かに死ぬる、
    坐ったまんまで、死んでゆくのだ。

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想