ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

またん春…………

また来ん春と人は
しかし私は辛いのだ
春が来たって何になろ
あの子が返って来るじゃない

おもえば今年の五月には
おまえを抱いて動物園
象を見せてもにゃあといい
鳥を見せてもにゃあだった

最後に見せた鹿だけは
角によっぽどかれてか
何とも云わず 眺めてた

ほんにおまえもあの時は
の世の光のただ中に
立って眺めていたっけが……

『在りし日の歌』より

朗 読

解 説

また來ん春…………

「また來ん春…………」は1937年『文学界』2月号が初出である。同じ2月15日中村古峡療養所を退院して、27日に鎌倉の寿福寺境内に転居した。

「また來ん春と人は云ふ
 しかし私は辛いのだ
 春が來たって何になろ
 あの子が返って來るぢゃない」

と歌い始めるこの詩は、前年に作られていると思われる。文也の死は11月10日だからそれ以後年末までの制作であろう。12月15日には次男愛雅よしまさが生まれる。中也は生まれた愛雅にではなく、死んだ文也の方へより深くのめりこんでいく。そして最後の3行が現われる。

「ほんにおまへもあの時は
此の世の光のたゞ中に
立って眺めてゐたつけが……」と。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想