ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

幻影げんえい

私の頭の中には、いつの頃からか、
薄命そうなピエロがひとりんでいて、
それは、しゃの服かなんかを着込んで、
そして、月光を浴びているのでした。

ともすると、弱々しげな手付てつきをして、
しきりと 手真似てまねをするのでしたが、
その意味が、ついぞ通じたためしはなく、
あわれげな 思いをさせるばっかりでした。

手真似につれては、くちも動かしているのでしたが、
古い影絵でも見ているよう――
音はちっともしないのですし、
何を云ってるのかは 分りませんでした。

しろじろと身に月光を浴び、
あやしくもあかるい霧の中で、
かすかな姿態をゆるやかに動かしながら、
眼付ばかりはどこまでも、やさしそうなのでした。

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想