ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

幻影げんえい

私の頭の中には、いつの頃からか、
薄命そうなピエロがひとりんでいて、
それは、しゃの服かなんかを着込んで、
そして、月光を浴びているのでした。

ともすると、弱々しげな手付てつきをして、
しきりと 手真似てまねをするのでしたが、
その意味が、ついぞ通じたためしはなく、
あわれげな 思いをさせるばっかりでした。

手真似につれては、くちも動かしているのでしたが、
古い影絵でも見ているよう――
音はちっともしないのですし、
何を云ってるのかは 分りませんでした。

しろじろと身に月光を浴び、
あやしくもあかるい霧の中で、
かすかな姿態をゆるやかに動かしながら、
眼付ばかりはどこまでも、やさしそうなのでした。

『在りし日の歌』より
軽くて薄い、透き通った絹織物。

  

朗 読

解 説

幻影

「幻影」は1936年『文学界』11月号に発表された。

  「私の頭の中には、いつの頃からか、
   薄命さうなピエロがひとり棲んでゐて、
   それは、紗の服かなんかを着込んで、
   そして、月光を浴びてゐるのでした。」

と始まるこの詩は、頭の中に棲んでいるピエロを歌っている。中也の詩に出てくる月光はいつも死の光線だ。しかしこの詩に出てくる月光は、死の力を見せてはいない。

この詩が発表された11月長男文也が死んでいる。
「十一月十日午前九時二十分文也逝去/のへ申一白おさん大安翼/文空童子」
中也は日記にそれまでのペンの字の横に欄外にはみ出すかたちで文也の死を墨で大書した。

※暦に記載されているその日の「干支」「九星」「十二直」「六曜」「二十八宿」を並べている。「文空童子」は文也の戒名。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想