ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

冬の日の記憶

昼、寒い風の中ですずめを手にとって愛していた子供が、
夜になって、急に死んだ。

次の朝は霜が降った。
その子の兄が電報打ちに行った。

夜になっても、母親は泣いた。
父親は、遠洋航海していた。

雀はどうなったか、誰も知らなかった。
北風は往還おうかんを白くしていた。

つるべの音が偶々たまたました時、
父親からの、返電が来た。

毎日々々霜が降った。
遠洋航海からはまだ帰れまい。

その後母親がどうしているか……
電報打った兄は、今日学校でしかられた。

『在りし日の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想