ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

臨終りんじゅう

秋空は鈍色にびいろにして
黒馬の瞳のひかり
   水れて落つる百合花ゆりばな
   ああ こころうつろなるかな

神もなくしるべもなくて
窓近くおみなきぬ
   白き空めしいてありて
   白き風冷たくありぬ

窓際まどぎわに髪を洗えば
その腕の優しくありぬ
   朝の日はこぼれてありぬ
   水の音したたりていぬ

町々はさやぎてありぬ
子等の声もつれてありぬ
   しかはあれ この魂はいかにとなるか?
   うすらぎて 空となるか?

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想