ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

別離

さよなら、さよなら!
   いろいろお世話になりました
   いろいろお世話になりましたねえ
   いろいろお世話になりました

さよなら、さよなら!
   こんなに良いお天気の日に
   お別れしてゆくのかと思うとほんとに辛い
   こんなに良いお天気の日に

さよなら、さよなら!
   僕、午睡ひるねから覚めてみると
   みなさん家をけておいでだった
   あの時を妙に思い出します

さよなら、さよなら!
   そして明日あしたの今頃は
   ながの年月見馴みなれてる
   故郷の土をば見ているのです

さよなら、さよなら!
   あなたはそんなにパラソルを振る
   僕にはあんまりまぶしいのです
   あなたはそんなにパラソルを振る

さよなら、さよなら!
さよなら、さよなら!

(一九三四・一一・一三)             

 僕、午睡から覚めてみると、
みなさん、家を空けておられた
 あの時を、妙に、思い出します

 日向ひなたぼっこをしながらに、
つめんだ時のことも思い出します、
 みんな、みんな、思い出します

芝庭のことも、思い出します
 薄い陽の、物音のない昼下り
あの日、くりを食べたことも、思い出します

干された飯櫃おひつがよくかわ
裏山に、からす呑気のんきいていた
ああ、あのときのこと、あのときのこと……

 僕はなんでも思い出します
僕はなんでも思い出します
  でも、わけても思い出すことは

わけても思い出すことは……
――いいえ、もうもうえません
決して、それは、云わないでしょう

忘れがたない、虹と花
   忘れがたない、虹と花
   虹と花、虹と花

どこにまぎれてゆくのやら
   どこにまぎれてゆくのやら
   (そんなこと、考えるの馬鹿)

その手、そのくち、そのくちびるの、
   いつかは、消えて、ゆくでしょう
   (みぞれとおんなじことですよ)

あなたは下を、向いている
   向いている、向いている
   さも殊勝しゅしょうらしく向いている

いいえ、こういったからといって
   なにも、おこっているわけではないのです、
   怒っているわけではないのです

忘れがたない虹と花、
   虹と花、虹と花、
   (霙とおんなじことですよ)

 何か、僕に、食べさして下さい。
何か、僕に、食べさして下さい。
    きんとん、、、、でもよい、何でもよい、
    何か、僕に食べさして下さい!

 いいえ、これは、僕の無理だ、
    こんなに、野道を歩いていながら
    野道に、食物たべもの、ありはしない。
    ありません、ありはしません!

向うに、水車が、見えています、
   こけむした、小屋のそば
ではもう、此処ここからお帰りなさい、お帰りなさい
   僕は一人で、行けます、行けます、
僕は、何を云ってるのでしょう
   いいえ、僕とて文明人らしく
もっと、ほかの話も、すれば出来た
   いいえ、やっぱり、出来ません出来ません。

未発表詩篇より
忘れがたない
忘れることができない。

朗 読

解 説

別離

「別離」は、未刊詩篇で、制作は1934年11月13日である。

「さよなら、さよなら!
    いろいろお世話になりました」

と始まるこの詩は、1は全て「さよなら、さよなら」で歌われている。2は「思ひ出します」と繰り返されている。「わけても思ひ出すことは…/――いいえ、もうもう云へません」と。

「忘れがたない、虹と花
    忘れがたない、虹と花
    虹と花、虹と花」

3は、こう始まっているが、「あなたは下を向いてゐる」と続く。そして5はこう終わる。

「もっと、ほかの話も、すれば出来た
    いいえ、やっぱり出来ません出来ません」

中也はこの詩を未完のまま終えたのである。

※解説中の詩の引用の表記は、書籍『ホラホラ、これが僕の骨』の表記に沿って、旧漢字、歴史的仮名遣いを用いています。読みやすさを重視して新漢字、現代仮名遣いに変えているこのサイトの詩の表記とは異なります。ただし、WEBで表記できない書体もあるので、原文に忠実に表記した書籍と完全には一致しておりません。ご了承ください。

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想