ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

宿酔ふつかよい

朝、鈍い日が照ってて
   風がある。
千の天使が
   バスケットボールする。

私は目をつむる、
  かなしい酔いだ。
もう不用になったストーヴが
   白っぽくびている。

朝、鈍い日が照ってて
   風がある。
千の天使が
   バスケットボールする。

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想