ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

夕照せきしょう

丘々は、胸に手を当て
退しりぞけり。
落陽らくようは、慈愛じあいの色の
金のいろ。

原に草、
鄙唄ひなうたうたい
山に樹々、
老いてつましき心ばせ。

かかる折しも我ありぬ
小児しょうにに踏まれし
貝の肉。

かかるおりしも剛直ごうちょくの、
さあれゆかしきあきらめよ
みながら歩み去る。

『山羊の歌』より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想