ホラホラ、これが僕の骨 中原中也ベスト詩集

桑名くわなの駅

桑名の夜は暗かった
かえるがコロコロ鳴いていた
夜更よふけの駅には駅長が
綺麗きれい砂利じゃりめた
プラットホームにただひと
ランプを持って立っていた

桑名の夜は暗かった
蛙がコロコロ泣いていた
焼蛤貝やきはまぐりの桑名とは
此処ここのことかと思ったから
駅長さんにたずねたら
そうだとって笑ってた

桑名の夜は暗かった
蛙がコロコロ鳴いていた
大雨の、あがったばかりのその夜は
風もなければ暗かった

(一九三五・八・一二)
の夜、上京のなりしが、京都大阪間の不通のため、臨時関西線を運転す」
未発表詩篇より

朗読

ご感想

感想を書き込む

お名前(ペンネーム可)

メール(ページには表示されません。省略可)

ご感想